妊娠中(妊婦)に食べてはいけない食事「生レバー」

妊娠中に生レバーを食べるのはちょっと待った!
栄養満点のレバーも妊婦には要注意なんですよ。
更に、レアステーキ、生ハム、そして生レバーなどの生肉は、胎児に悔やんでも悔やみきれない大きな影響を与える可能性があるんです。

 

 

ここでは大きな影響のある2つの原因を紹介します。
この2つは、大きな影響を与える可能性があるので、しっかり理解しておくことが大切です。

 

トキソプラズマ

 

レバーが与える大きな影響の一つは、トキソプラズマです。
NHKのあさイチでも、トキソプラズマの危険性が取り上げられ、実際に妊娠中に感染した事例が紹介されていました。
その方は、妊娠4か月の時にユッケやレバ刺しを食べ、翌日、風邪のような症状があり、リンパ節が腫れたという程度でした。2〜3日で直ったので気にしていませんでしたが、妊娠9カ月のエコー検査で胎児の脳室が普通の2倍になっていることが判明し、血液検査をすることでトキソプラズマ感染が確認されました。子供は脳室が膨らんだことで脳が圧迫され手足の麻痺が残ってしまったそうです。

 

危険性

トキソプラズマが胎児に与える影響は、胎児の脳に異常が出る危険がある、ということ。
トキソプラズマとは生肉の中にいる可能性がある寄生虫で、このトキソプラズマに感染するルートは2つあります。

  1. 生肉を食べた母親から胎盤を通じて血液経由で胎児に感染し、脳や目に障害を発生させます。
  2. 猫のフンに存在するトキソプラズマが、猫のフンが混じった土を触る作業をすることで口から入る可能性があります。

 

対処法

トキソプラズマを防ぐ方法はありますから、胎児への影響を考えて、妊娠中はしっかりと徹底しましょう。

  1. 生肉、レアステーキ、生ハムなど十分な加熱調理がされていない肉をたべないこと。
  2. 猫のフンの処理をするときにはマスクをし、作業後はよく手を洗う。猫を外に出さない。

 

レチノール

 

レバーが与える影響の、もう一つの原因はレバーに含まれる栄養素のレチノールです。

 

危険性

このレチノールを過剰摂取すると、胎児に奇形や先天異常などの影響がでる可能性があります。
レチノールとは動物由来の食品に含まれる栄養素でビタミンAの仲間です。
栄養素ですから、身体にわるいものではありません。ビタミンAは野菜や果物にも含まれる栄養素ですが、野菜や果物に含まれるビタミンAは「プロビタミンAカロテノイド」と呼ばれ、動物由来のビタミンAとは少し特性が違います。動物由来のビタミンAは、体外に排出されにくい傾向があるのでたくさん食べると影響が出やすいというのです。
内閣府の食品安全委員会の推奨では、妊婦であれば、1日当たりビタミンA摂取量の上限を、2,700μgREと規定しています。

 

対処法

食品を食べ過ぎないことで、対処ができます。
食品100g当りの上限を参考までに紹介しておきます。

これを見るとわかりますが、鶏レバーや豚レバーは100gで1日分の上限をすぐに超過してしまいます。ちなみに、上限は2,700μgREですが、年齢や妊娠週数によりますが、妊婦の推奨量は650〜780μgREですので、ホウレンソウや卵レベルでもすぐに超過してしまいますから、妊娠している間は、特に少量でもすぐに上限を超過しますから、食べ過ぎには注意が必要です。

 

ただし、食べてしまったからと言ってすぐに影響が出るわけではありませんでした。影響が出るのは、妊娠初期に毎日過剰摂取をした場合なので、少し食べたからと言って慌てる必要はないので安心してください


妊婦が絶対摂取しなければいけない栄養素とは?

妊娠中(妊婦)食べてはいけない食事「生レバー」

40歳高齢出産をした私がダウン症や胎児の障害を回避すべく摂取した栄養素があります。 いったいどれがいいのかわかりますか?

妊娠中(妊婦)食べてはいけない食事「生レバー」

40歳高齢出産奮闘記もどうぞ。(記事末に掲載)